Broken Link Checker

とても便利なプラグインとして、Wordpressには「Broken Link Checker」というのがあります。 これはとても助かるプラグインなのではないでしょうか? これは例えばリンクが消えてしまっているということを防いでくれるのですから。

ブログの運営をしていくと、最初は存在しているということを確認して貼ったリンク先が月日がたつに連れて、突如なくなっていたということがよくあります。 こういった場合、ブログを見てくれた人が、リンク先をチェックしてみてくれようとしたとしても、ページがなくなっているといった事が発生してしまい、とても失礼なことだと思います。

このような状況でリンク先が消滅していると、「お探しのページは見つかりません」という風に出るわけです。 このプラグインというのは、ブログ内のすべてのリンク先を自動的にチェックしてくれ、常にそのページが有効であるかどうか確認してくれるのです。 リンク先が無効であったら通知してくれるわけですし、そうすればワンクリックでリンクが消せるというわけです。 そして打ち消し線まで入れてくれるプラグインです。

大変これは助かりますので、Wordpressを使っているブログ管理者は是非ダウンロードして有効活用していくことをお勧めします。 大抵の場合は、リンク先が消滅していても、それをほったらかしにしている場合、管理の不行き届きなサイト管理者というイメージを持たれてしまうと思います。 そうなってしまわないためにも是非このプラグインをおすすめします。


Link to Post

そして、みなさんも見かけたことが有ると思うのですが、記事の中に過去の記事へのリンクを貼っている方がいらっしゃると思います。 Wordpressの場合は、「Link to Post」というプラグインによってそれが可能となります。

Wordpressでは記事を書く時これをアクティブにしておくと、簡単に過去への記事へのリンクを張る事ができます。 これを覚えておくと過去への記事を引用する書き方が多い方である場合は、色々と便利なプラグインでしょう。


Nofollow Links

また、プラグインとして「Nofollow Links」というというリンク機能を持つものがあります。 これはNofollowをリンクしようとするところに、追記することが出来るプラグインです。

Nofollowというのは、「このリンク先と自分のサイトは関係がありません」ということを明記するということです。 それでは、何故このような明記が必要なのでしょう。 それは、スパムなどの行為と関係があります。 例えば、スパムがブログにコメントしたとします。 そこには、スパムサイトのURLも入っていました。 それをそのまま放置しておくと、あなたのブログまで「スパム行為に関連した」ということがグーグルに判断されてしまします。 そうなってしまうと、マイナス評価を検索エンジンからもらってしまうことになるため、検索に引っかかりにくくなります。

こういった事態を避ける上でも、リンクに「Nofollow」と明記して関係がないということをはっきりさせておく必要が有るわけです。 このようなサイトの管理というのはSEO上とても大切な事です。 本当にスパム行為は迷惑ですね。 ですが、自分のサイトというのは、自分で守る他ありませんので、Wordpressを使うのであれば、プラグインなどをうまく活用して、予防を少しでもしておくということが肝心だと思います。 ブログ運営をしていく上で、リンク機能というのはどうしても使うと思います。 それらを自動的に管理することが出来るプラグインがWordpressには幾つかあるので、それを使わない手はないでしょうね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ